自動車保険配布スキンパーツ1 自家製

オクラやピーマン、星マメやイチジクなどが、2人で食べる分くらいづつなるのて、さらだにしたり、チーズやハムと海苔巻きにして。
a0136720_18360847.jpg

メインはスープスパゲティ
a0136720_18360976.jpg

焼き海苔をたっぷりまぶします。
ソースは白だしにトマトやナスなどの夏野菜をたっぷりいれて、溶けない粉チーズを入れます。
隠し味に豆乳を少し。
まるでレストランの味!自分で言うか。;^_^A
いえいえ、相方さんのことばです。
では、いただきます。

[PR]

# by akiyo_kimi24 | 2016-09-27 18:24 | うんまか話 | Trackback | Comments(1)

自動車保険配布スキンパーツ1 品行不方正

昨夜から煮込んでいたおでん、いい味になっていたので、ランチにいただきました。
a0136720_19591242.jpg

これはビールでしょ!
ということで、相方さんも、わたしも車に乗る予定がなかったので、ビールをのみました。
おでんで昼ビール、うまかった。ヾ(@⌒ー⌒@)ノ

[PR]

# by akiyo_kimi24 | 2016-09-26 19:54 | うんまか話 | Trackback | Comments(0)

自動車保険配布スキンパーツ1 豆アジ

お隣さんにたくさんいただきました。
a0136720_16395714.jpg

腹を出して、お料理するだけにしてもって来てくれたのです。
早速調理開始。
素揚げは2度揚げして、頭からがぶり!といけます。
a0136720_16395866.jpg


南蛮漬けも、こんなにたくさんできました。
a0136720_16395921.jpg

酢がよくゆき渡るように、お皿を回しながらニヤリと;^_^A
今夜はもう、これだけでいいなぁ。ヾ(@⌒ー⌒@)
ありがたいなあ。
いただきます。

[PR]

# by akiyo_kimi24 | 2016-09-24 16:33 | うんまか話 | Trackback | Comments(2)

自動車保険配布スキンパーツ1 秋です。

a0136720_17261747.jpg

ほったらかしのがま庭園;^_^A
a0136720_17261938.jpg

a0136720_17262011.jpg

琉球すずめウリがなりました。これから日を数えるごとに、赤くなります。
a0136720_17262108.jpg

今夜はご馳走。
ローストビーフです。
a0136720_17262212.jpg

早く食べたい!
盛り付けが雑になりましたけど≧∇≦)



[PR]

# by akiyo_kimi24 | 2016-09-23 17:20 | Trackback | Comments(0)

自動車保険配布スキンパーツ1 お招ばれ

今日は結婚披露宴に招かれました。
優しい保育士さんです。
短大の保育実習のころから早10年。;^_^A
彼女は、実習の時から、がませんせに、とても恩義を感じているといいます。よほど優しくしたか、その逆か(≧∇≦)
結婚披露宴は7年ぶりくらいですが、ずいぶん様変わりしていました。
ウエルカムドリンクで、テーブルの上に乗っているお料理をどんどん食べていいのです。びっくりしました。
a0136720_18410057.jpg

a0136720_18410152.jpg

a0136720_18410217.jpg

a0136720_18410347.jpg

ひとしきりいただいた頃に、カップル登場!
a0136720_18410454.jpg

a0136720_18410502.jpg

a0136720_18410666.jpg

a0136720_18410863.jpg

a0136720_18410977.jpg

a0136720_18410900.jpg

始終和やかで、温かい披露宴でした。
しおりさん、おめでとうございます!
なかなか会えないお友達と他愛のない話で盛り上がりました。
元園長や、現主任さんがたのテーブルにご一緒させていただいて、光栄!
工房を営まれている中元婦人と同席でした。



[PR]

# by akiyo_kimi24 | 2016-09-18 18:24 | 日々の出来事 | Trackback | Comments(0)

自動車保険配布スキンパーツ1 まんぷく寺で待ってます。

高田由紀子作
木村いこ 絵
ポプラ社刊
a0136720_11275297.jpg

ぼうず頭をからかわれて、お寺の子なんて、やっぱりいやだ!
と思ってしまう主人公ですが。
舞台は佐渡島の小さなお寺です。
父親を亡くした少女と、その心に、よりそおうとする少年のやりとりが、温かく丁寧にえがかれています。
読後に、爽やかで鼻ツン!の風が吹いてきます。感動です。
お寺の住職を引き継がれた弟さんを思いながら書かれた作品だそうです。
作者の高田由紀子さんとは、ブログを通してのお付き合いでしたが、優しいお人柄と律儀さを、いつも見習わなくちゃ、と、メールのやり取りをする中で思いました。
この本の原型となるお作を拝読して、とても温かい気持ちになったことを覚えています。
きっと本になる、と思いました。
本当に嬉しいです。
高田由紀子さん、ご上梓おめでとうございます!
✨✨✨

[PR]

# by akiyo_kimi24 | 2016-09-16 11:01 | 絵本と創作日記 | Trackback | Comments(0)