がまりんの日常をつづります


by akiyo_kimi24

かかしのじいさん

「かかしのじいさん」は、深山桜さんの絵本です。
読み語りのメンバー、nさんが図書館で読んだ時も子どもたちは、シーンとして聞いていましたが、造形教室の年長児さんに、←(がまりんは、4園を、月に二回ずつ回るので、造形教室の約2時間を、子どもたちが集中して座っていられるように、下手くそなマジックをしたり、えほんの読み語りをする)

のですが、まぁ・・・・・静かに見ること!!!!!驚きです。

やっぱり、子どもの心に響くのて゜しょうね。

こんなに子どもたちの心をとりこにする本を書きたいものだと、羨望にも似た気持ちで、読んでいます。

絵本は、三度三度の食事をして体が大きくなるのと同じような効果が、心の中に生まれるのですね。
感服。
a0136720_21401548.jpg

[PR]
by akiyo_kimi24 | 2010-07-23 21:41 | 絵本と創作日記 | Comments(0)