がまりんの日常をつづります


by akiyo_kimi24

隊長の最新作

a0136720_21504415.jpg

どじょうさんの二冊目の本です。
堀米薫 作  小泉るみ子 絵   そうえん社

デビューは、児童文芸家協会のつばさ賞「牛太郎、ぼくもやったるで」ですが、どじょうさんのリアリティは、文句なしの迫力にあふれています。といっても、ノンフィクションではないのですが。(^^)


ネットで知り合って、半ば強引に「どじがま隊」を結成したのは、私(--)
隊長、と呼ばせてもらい、がまさん、と呼んでもらえる愉しさに浸りながら、隊長の後ろを必死で付いていこうとしたのでしたが、それは、無理だということを実感しながらも(^^)
まだぶらさがっています。

日本にはチョコレートがたくさんある、しゅうじは幸せですね。というエリックさんの言葉は、とても重く。
当たり前だと思っていた日常が、いつもより何倍も甘く、いつもより何倍も苦い気がした・・・・

まさに!!!

作者と編集者が力を注ぎ合って、作品を仕上げる過程が見えるような気がしました。
物語が出来るまで゜の道のりをともに歩いてくださった小櫻浩子さん・・・と、どじょうさんも、あとがきに書いていらっしゃいますが、

本当に編集者様の道案内がなければ、成しえないことですね。

どじょうさん、素敵な作品をありがとうございました。

隊長のストックはとどまることなし、きっと次々と形になっていくことでしょう。
ますますのご健筆を。
[PR]
Commented by どじょう at 2011-04-27 09:15 x
がまさん、紹介、ありがとうございます。お礼が遅くなってしまって、すみません!これからも、たくさんの怒りをエネルギーに変えていきます!
Commented by akiyo_kimi24 at 2011-04-27 14:15
いえいえ、とんでもないです。
どじょうさんが毎日目にする日常は、がまりんなどには計り知れないことです。

これからも、げんきになる物語を生み出してくださいね。
by akiyo_kimi24 | 2011-04-25 22:09 | 絵本と創作日記 | Comments(2)