がまりんの日常をつづります


by akiyo_kimi24
カレンダー
S M T W T F S
1 2 3 4 5
6 7 8 9 10 11 12
13 14 15 16 17 18 19
20 21 22 23 24 25 26
27 28 29 30 31

苦しみの軌跡

ストックしてある作品を読み返してみると、その時々に、苦しんで書いた様子が思いだされます。

楽しんで書いたものも、なかにはありますが、たいていは、
苦しみの跡が(--)

でも、書きあげた時は、それなりに達成感を味わい、「よくやった、最高の仕上がり」
なんて、思っていたものです。


仕事をしながら夜中に書いて、せっせと公募に出しては一喜一憂し、没時はしょぼくれ、

授賞式ではご馳走と華やかさに浮かれ、そんなことを繰り返して今に至るわけです。



こんな思いをしながらなぜに書くのか?

なぜに描くのか、なぜに幼年童話か・・・

でも、このまま、五足のわらじを履いていては、どれも器用貧乏で終わってしまいそうな焦燥感にかられます。

かといって、一つに絞ろうとすれば、またまたこれでいいのか、なんて思うだろうし、

若いころに読んだ本の中に、こんな台詞がありました。

詩人をきどっていたので、(^^)
しっかりと覚えています。

「人は、自分の怠慢をごまかすめに、時々、絶望のポーズをとるのだ」と。

作者もタイトルも忘れましたけど。

ああ、今日のがまりんは、まさにそれだったのかも、おほほ。
[PR]
Commented by 菜の花 at 2012-09-16 06:43 x
おはようございます。
子どもたちの顔っていいですね。元気をもらいます。
いろいろな賞をもらい、絵本も出版されているがまりんさん、すばらしいなと思っています。努力の成果ですよね。
「五足のわらじ」とはすごいな。いろんな世界をお持ちですね。創作に役立つことでしょう。私も仕事をしながら「これでいいのだろうか」と思うこと、しばしば…。でも、創作でご縁をいただいた皆様が宝。だから、今は、それでいいかもって。そのうちに変わるかもしれませんが、焦らずに(私は暢気かも)がまりさんさんらしさを大事にしてください。今は、今だと思います。ユーモア、天下一品です(生意気そうでごめんなさい)
Commented by akiyo_kimi24 at 2012-09-16 09:50
菜の花さま、あたたかいコメントありがとうございます。
普段はのん気にしてるのですが、時々これでいいのか、なんて(^-^)/
でも、本当にお仲間は宝ものです。
これからも、よろしくお願いしますね。
by akiyo_kimi24 | 2012-09-14 15:12 | 絵本と創作日記 | Comments(2)