がまりんの日常をつづります


by akiyo_kimi24

マーブリング溶液の作り方

まず、少量でお試しください。
アクリル絵の具を、写真のスプーン二杯
ライダンハイ 写真のスプーン一杯
よくまぜます。
こんな感じ、ドレッシングのようになります。
a0136720_17385269.jpg

緑色も同じようにつくります。
a0136720_17385262.jpg

水を張ったお皿に←白色のおさらがわかりやすいのですが、廃棄用のお皿ですみません。
赤色の溶液を爪楊枝でたらします。
a0136720_17385388.jpg

さらに、緑色もたらします。
a0136720_17385413.jpg

さらに、赤色を垂らすと、こんな感じに広がります。
a0136720_17385419.jpg

それを、爪楊枝で引っ掻いて模様を描きます。
a0136720_17385532.jpg

画用紙に写し取ると、はっきり色がうつります。
a0136720_17385628.jpg

今日は、お問い合わせにこたえて、急ぎ二色作りましたが、
青、黄色、桃色、と加えると、綺麗です。
黒色は、墨汁でいいです。

オリーブオイルで、いまいち納得いかなかった方は、お試しください。
今度こそ、うまくいきますように。ヾ(@⌒ー⌒@)ノ
成功を祈ります!
[PR]
Commented by 武藤 at 2014-06-23 12:45 x
先日は、詳細なコメントありがとうございました。
また記事にて過程を載せていただけて大変わかりやすいです。
お手数おかけしました。
使用しているのはオリーブオイルです。

一つ確認なのですが、
使用されていますのはアクリル絵の具ですか?
前回の記事で水彩とありましたので、
出来れば小学生の家庭にある水彩絵の具を使用したいなと考えています。

質問が重なりお手間をおかけするかと思いますが、
よろしくお願いいたします。
Commented by がまりん at 2014-06-23 19:48 x
武藤さま、アクリル絵の具は、普通に幼児、児童たちが使っている絵の具です。水彩用でも応用できますよ。
まずは、試してみてくださいね。
by akiyo_kimi24 | 2014-06-22 17:20 | にこにこ日記&造形教室 | Comments(2)