がまりんの日常をつづります


by akiyo_kimi24

嬉しいレビュー

雨の午後、頭痛がするし、テンション上がりません。
何もする意欲もなく、ネットサーフィンをしてたら^_^;
嬉しいレビューをみつけました。
何と13件も!
嬉しかったので、一部コピペして載せちゃおうっと!

ひっこしはバスに乗って、です。
\(^o^)/
こどもふみちゃん 
酒井駒子ファンからは否定されそうだけど、酒井さんチックな可愛らしい絵でした。結末の展開が意外でした(*^_^*)ほんわか。3・4・5・6・7歳向け。
ナイス ★6


ペロちゃん
なんとなく手にとったんですが、実にあたたかみのある絵本でした。ポワーンっと優しいタッチの絵が見事にマッチしてます。 伏線はあるものの、主人公のミミちゃんや、お母さん、そして元気なお姉さんの正体がわかったとき、やるせない気持ちになります。社会風刺も込められた素晴らしい絵本でした。続編希望です!! オススメ度:★★★★★
ナイス ★4


ははは
どうして引っ越しするんだろう??大人絵本なのかな??と思いながら読んでいました。ところがところが...。優しい色合いのちょっと大人っぽい絵が素敵です。オススメで〜す。
ナイス ★6


るい_(:3」∠)_
あたし、、、ひさしやまがだいすきだったの。いつからかな、こんなに素直じゃなくなったのは。
ナイス ★1


ゆっきー♪
絵の雰囲気がやわらかく、お話にマッチしてすてきです!大切なものとのお別れは切ないものです。それが自分の都合でならまだいいけれど、そうではないならなおさら。「人が多くなるとだんだん住みにくくなって、車も増えて危ないからひっこすの」これは人間も当てはまるなぁ。
ナイス ★6


ひお
住んでいた山が開発され人の手が入る。それによってそこに住めなくなったミミとお母さんはバスに乗ってさらに山奥の山へ引っ越します。お母さんはミミにバスに乗ったら誰とも話してはいけないおとなしくしていなさいというと疲れから眠ってしまいました。そこに乗り込んできたがっしりとしたお姉さんはミミに声をかけます。ミミもお母さんもそしてお姉さんも実は・・・ 絵の雰囲気がホンワカしているけれどどこかもの悲しげなのはボクがミミたちから生活圏を奪う人間側であるからなのかもしれない。
最初は図書館で借りて読んだのですが、お話の楽しさと、イラストのかわいさにどうしても手元に置いておきたくて、購入しました
キツネは化ける(?)って定番のようですが、こんなに完璧だったら、もしかしたら私の周りにもいてもおかしくないかな・・・?と思わせるような身近さも感じました

お話はわかりやすいので幼稚園年長から、読み聞かせにお勧めです
北海道が好きな私にとっては、厚田村へ行く峠の途中で出会った子ギツネと女の子が重なって、なんかとっても癒されました・・・・
表紙の絵のかわいらしさに惹かれて手に取りました。 現代社会の問題を上手に扱った点で切なくなり、それでも、ほっこり心が温まるラスト。 お子様だけでなく、大人にもおすすめ。 ストーリーも絵も本当にステキ。 最近読んだ絵本では一番良かったです。

あら、頭痛も治っちやいました^_^;
[PR]
Commented by piano at 2014-07-02 20:57 x
こんばんは
じゅんばんこが届きました。
わーい。
いただけるとは思っていなかったので、とてもうれしいです。このお話大好きなんです。
きっと、どのお母さんも子どもさんも共感できますよね。読み聞かせの会のとき、子ども達に読んであげたいと思います。
いろいろな国でも読まれているなんて素敵ですね。
Commented by がまりん at 2014-07-03 05:55 x
びあのさん、お久しぶりです。
すっかりご無沙汰していますが、お元気そうなコメント、嬉しいです。
無事に届いてよかったです。
どうぞご活用くださいませヾ(@⌒ー⌒@)ノ
by akiyo_kimi24 | 2014-07-02 17:00 | 絵本と創作日記 | Comments(2)