がまりんの日常をつづります


by akiyo_kimi24

担当さんも!

出版社の担当編集者さんの実家が熊本の、震源地の近く。祖父母さんは人吉におすまいとか。
電話で話す時のがまりんの言葉のアクセントが、
人吉のおばあちゃんに似てる;^_^Aと、言われたことがあります。
出水市の言葉は鹿児島弁と違い、熊本寄りです。
お母さんではなくておばあちゃん、ですからお若い編集者さんなのです。
実家のことが気になりながらも、仕事も忙しく、帰りたくても、空港も閉鎖しているので帰れないのですよね〜。
お察しします。
また、お友だちのsさんは、まさに震源地におすまいです。
寝室を中心にお家が壊れてしまったとか。
地震発生の日はたまたままだ起きていらしたので、助かった、とのこと。
もし、本震のように夜中だったら瓦礫の下敷きになってしまったかも、とゾッとするような事を話してくださいました。
早くおさまればいいなあと、そればかり祈っています。
くじけないでください、頑張って!といつも応援しています。

[PR]
by akiyo_kimi24 | 2016-04-19 17:16 | 日々の出来事 | Comments(0)