がまりんの日常をつづります


by akiyo_kimi24

左手がなくてもぼくは負けない

高橋うらら著(学研)刊左手がなくてもぼくは負けない。
a0136720_1103767.jpg


チョビ」には直接お会いしたときにサインをいれてもらって、とても良かったのですが、これは、届くとすぐに小学三年生の愛奈ちゃんにあげてしまいました。
サイン入りが手に入るといいのですが、またお会いする機会があるときに、まとめてしてもらうしか手はない(^^;)

三年生の愛奈ちゃんはとても本が好きで、最近私の家に遊びに来ると本棚を物色し、気にいったものを借りて行きます。
左手のないブンヘイン君の写真に衝撃を受けたみたいで、すぐに手にとっていました。
赤だま青だまや、恐怖シリーズの本がお気に入りだったのですが、濫読しているうちに、自然と傾向がきまってきたようです。

「毎日の食事をすることで、知らず知らずに体が大きくなるでしょぅ、それと同じような効果が、心の中にに生まれるのだよ」

本の中には栄養がたくさんつまっているのだよ、といつも話しているのですが、果たして伝わっているのでしょうか。


不自由さや、貧しさ、危険にさらされている自分と同世代の子ども、などに興味を持って本の中からたくさんのことを学んでほしいです。
[PR]
Commented by うらぴょん at 2009-10-26 16:56 x
がまりんさま☆ ご受賞、おめでとうございました。
拙著を三年生の愛奈ちゃんにまでご紹介いただき、ありがとうございます。三年生だと、ちょっとむずかしいところもあったかもしれませんが、ページをめくってくださるだけでもうれしいです。
サインは、また九州に伺ったときにでもv 「魔よけ」くらいの効果しかありませんが(爆)
Commented by akiyo_kimi24 at 2009-10-26 20:51
うらピョン様の本は、どこから読み始めても、心に沁み入るものばかり、本すきの愛奈ちゃんは、離す気配がなく、いつもは借りていく、というのに、今回は、ほしいな・・・でした(--)
またサインよろしくお願いしますね。
by akiyo_kimi24 | 2009-10-26 11:14 | 絵本と創作日記 | Comments(2)