がまりんの日常をつづります


by akiyo_kimi24

ひげなしねこ

作家の加藤純子先生が、拙作「ひげなしねこ」をご自分のブログ20階の窓辺からで紹介してくださいました。
ありがとうございました。

加藤先生とお会いしたのは、福井県の恐竜文学賞の授賞式でした。
とてもファッショナブルで都会的、女優さんみたいな方でした。

ホテルの居酒屋さんでもご一緒に杯を傾けさせていただいたのですが、飲んでも物静かで、
やはり、文章にはお人柄もでるのですね。
お手本にしなくちゃ・・・と思ったのでした・・・が、がまりんときたら毎晩おお暴れ(^o^)

とてもまねできそうにありません、です・・・・・はい。(--)

故木暮先生がご存命なら、きっとよろこんでくださったのになぁ・・・・

と、しみじみ思いました。
[PR]
Commented by ジュンコ at 2010-01-21 16:51 x
がまりんさん

さっそく拙blogをご紹介くださいましてありがとうございました。
横のコメント欄を拝見すると、存じ上げているお名前ばかり。
私もこちらに、おそるおそるはじめて伺いましたが、ほっといたしました。

恐竜児童文学賞の授賞式のときは、おやさしそうなご主人さまとご一緒にいらしていて、木暮先生はすてきな季巳さんご夫妻にお目にかかり、上機嫌。
ホテルのお部屋に戻ってきてからも「飲もう」とお電話をくださったくらいです。
でも私、まった飲めないので「もう寝ます」って不調法なことを。

と、そんなあれこれを、昨日のことのように、懐かしく思い出しました。
ほんと、木暮先生が、このやりとりをご覧になっていらしたら、きっと大喜びしてくださいます。
そして季巳さんの「ひげなしねこ」をご覧になって、さらに大喜び。
いえいえ、きっと空からにこにこしながら見て下さっていると信じています。
Commented by がまりん at 2010-01-21 17:29 x
ジュンコせんせ、こんな田舎まで足を運んでくださって恐縮です。(^^;)

そうですか・・・飲まれないのですね。
では、あの大酒のみばかりの席に、静かに座っていらっしゃったのは苦痛でしたでしょう、
今ごろですが、申し訳ありません(*^^*)
木暮先生の笑顔を思い出します。
きっと空から見ていてくださいますよねぇ・・・・ううっ、
泣きそうです。

季巳、浮かれてばっかりいたらだめだよ、と声も聞こえそうです。
ジュンコせんせは、あの夜、鍵を忘れて室外に出られ、「きゃーーー、どうしましょ、お部屋に入れないわ」、と大騒ぎされましたね(^^)バラしちゃった。
思い出をたくさんくださって、今となっては感謝の心ばかりです。

ありがとうございました。
by akiyo_kimi24 | 2010-01-21 15:54 | 絵本と創作日記 | Comments(2)