がまりんの日常をつづります


by akiyo_kimi24

2012年 08月 01日 ( 2 )

台風が心配

a0136720_16532516.jpg

いよいよ近づいてきたというのに、台風が二つも起こっています。

どうか、スルーしてくれますように。

当日は、児童文学関係者の方々と再会出来る予定、のんちゃん、やぎさん、松子さん、そのほかにもたくさんいらっしゃることでしょう。

うるうる先生のお話も楽しみ。

飛行機のチケットは、相方さんと別々の席になってしまったけど、東京の赤い雪は、かぶりつき席で並んでみる予定。(^^)

それにしても、台風・・・・・・だんだん風がひどくなってきました。もう。(--)
[PR]
by akiyo_kimi24 | 2012-08-01 16:58 | 日々の出来事 | Comments(2)

復習派か予習派か

小学校で、今日習ったことを必ず復習しなさい、そして、次に習うことを予習してきなさい、
と、先生方は言われました。

習ったことを復習して、自分のものにしてしまえば、次に習うことがわかる、ということでしょうか。

でも、がまりんは、予習していかない人(==)

復習する時点で、習ったことを既に忘れていることもあるのに、予習などできないぜぇ。
てなもんです。

で、じっくり復習する派(^^;)  そんな派があるのか。予習派の人はきっと頭脳明晰な人でしょう。

本の読み方もそうです。一度読んだものを牛の反芻のように、再度読む、すると、どのページに何が書いてあったかを覚えられるのです。

今もその癖は続いています。

で、何を言いたいかというと、つまり遅読、の言い訳にほかなりません。はは

お友達に送っていただいた季節風、やっと読み終えました。

a0136720_13264939.jpg


敦子せんせの詩、生の一場面を鋭く切り取った詩に、感嘆。どうしたら詩がかけるのかなァ・・・・羨望

さほさんの時代物、これは以前よませていただいたことがあったので、さらに進化し優い作品にため息が出るほどでした。またまた羨望。

それから児童文学者協会の懇親会で知り合った森くま堂さまの創作。
「りくのお使い」

タイトルから、きつと現代の幼年童話だろうと予想しながら読み進めると、なんと時代物

人柱が軸になったショッキングな話です。

途中何度もぐっと胸がつまり、泣きそうに・・・・

文章で人を泣かせる、というのは、映像でみせるそれより、迫力の筆ちからがないと無理です。

映像は、「もらい泣き」ができますからね。

ザッフィさんの研究会レポートは、2011年の絵本事情についてでしたが、竹を割ったような文章に好感度アップで、これもまた羨望。

いゃぁ、季節風って、すごい本ですねぇ。
羨ましいぜぇ。←今流行りのこれを是非使いたかったひと(*^^*)

最後に敦子せんせ、ありがとう!!
[PR]
by akiyo_kimi24 | 2012-08-01 13:42 | 日々の出来事 | Comments(8)