がまりんの日常をつづります


by akiyo_kimi24

2012年 08月 08日 ( 2 )

絵本にしたいお話

福音館書店60周年記念企画「絵本にしたいお話」

がまりんの作品が、「母の友」掲載作品に選ばれました。

こちら

機会がありましたら、読んでくださいね。

母の友は、子供たちが小さい頃、生協の宅配に注文して、何年も読んでいました。

まさにタイトルの如し、で、子育ての悩みや、子育て中のもろもろの相談にのってくれる便利な冊子でした。

当時の本を、どうしても処分できないまま、本棚ではなく、台所の食器棚の一部分に母の友コーナーを作ってしまうほど、たびたび引っ張り出して読む愛読本でした。

その本に、稿料をいただいて載せてもらえるとは、嬉しいです。

担当の編集者さまと何度も打ち合わせでメールやお電話で話すうちに、これで縁を切りたくないと思うがまりんは、

持ち込みのお願いをしてしまいました←やっぱりそこか。

「いいですよ。ぜひ読ませていただきたい」

うーむ、この言葉にすぐにのせられる(--)

でも、超多忙な編集者様が、いいよ、と返事をくださるだけで、大幸運ですよね。

そのためには、楽しいお話をかかなくちゃ、です。

おーし。(*^^*)
・・・・・・・・・・・・・・・・すぐ、その気になる人なのでありました。
[PR]
by akiyo_kimi24 | 2012-08-08 16:47 | 絵本と創作日記 | Comments(6)

夏野菜を描く

楽しかった思い出に浸ってばかりいられず--)

今日は、八月の造形教室です。
a0136720_1619770.jpg

ゴウヤや、パプリカ、トマトなどの夏野菜を新聞紙を丸めて作った筆で描きました。

なぜに新聞紙か、というと、絵の具の中にオイルと卵の黄味を混ぜてあり、普段使う筆が汚れては困るので、使い捨ての筆、というわけです。

どろりと粘り気のある絵の具に、子供たちはすぐに鼻を近づけ

「くさい!」 (^^)

油や卵が入っているからね。

なぜに卵?

絵の具に艶が残るからです。水を使わないので、重ねて塗れば立体的に描けます。まあ、テンペラのまねっこみたいなものです。

ゴウヤの表面など、まるで画家さんみたい。

a0136720_16261063.jpg
ほら

とても上手に描けました。

さ、いつもの日常に戻りました。

鹿児島の夏は、今年は特に厳しいような・・・・・・って、去年も言ったっけ。

夏じゃなくて、暑さに耐える自分の力が衰えているってことじゃ?

なはははは。
[PR]
by akiyo_kimi24 | 2012-08-08 16:30 | にこにこ日記&造形教室 | Comments(0)