がまりんの日常をつづります


by akiyo_kimi24

2017年 11月 13日 ( 2 )

先生から見ると

自分の性格
通信簿←今はそう呼ばないかも、ですが、性格欄には、いつも内向的、と書いてありました、
私がひょうきん者で外向的、とはどの先生も見破れなかったのでしょうか(^^)
でも、確かにそういう部分があります。一日中家にいて、誰とも会わなくても平気だし、肝心なところで、これを言ったらこうなり、ああなり、そうなる、だから、黙っておこう、と3つ目くらいまでの手を反芻してしまいます。結果、無口、おとなしい、となるのでしょうか。
子ども時代は、内向的だと言われると、そうしていなくちゃいけないような気がして、先生の前では無理やりポーズをとっていました。なんじゃ、それ。(^^)両親が年取ってからの子で、1つしかないものはいつも最優先、珍しいお菓子なども、上の兄姉には内緒でもらっていたせいか、喋ってはいけない事を、子ども心にわきまえていたような気がします。
ですから、社会人になって、自分が児童票を書く立場になると、個々の性格や精神発達を見逃さないように、と、すごーく気を遣いましたね〜
可能性いっぱいの乳児や幼児たちの性格は、成長する毎にどんどん変わっていくものですから。こんな子、あんな子、と箱に入れて決めつけちゃ、私みたいに勘違いな性格になってしまいますもんね。
ん〜〜
何を言いたかったのか^_^
a0136720_21550123.jpg

人は変わるものです。性格もですが、食の好みもかわります。
食わず嫌いで苦手だった納得、今では大好物。
a0136720_20045887.jpg
大根葉とちりめんを混ぜた納豆、美味しいです。
a0136720_20031667.jpg
鹿児島には、焼酎のお湯割りが簡単にできるコップがあります。これです。
a0136720_20031834.jpg
数字、わかりますかね〜。
a0136720_20032027.jpg
左に書いてある数字が本当は焼酎の量だそうですが、それでは強すぎるので、お湯の量にするのが、普通です。
他の地方にはないそうで、鹿児島土産に喜ばれます。
こんな肴で、ひょうきん話をしながら賑やかに毎晩飲む人が、内向的で消極的
\(^^)/アッハッハ。
当時の先生をフォローするなら、50人クラスが何組もあった事、目が届かなかったのかもですね〜〜。
私のことを個性的で、新鮮な詩人の卵だと言ってくださった先生のことは、今でもしっかり覚えています。
詩人ではないですけど(*≧∀≦*)
児童文学者協会のZB通信に、その先生の話を書きました。お楽しみにお待ち下さい。






[PR]
by akiyo_kimi24 | 2017-11-13 05:45 | 日々の出来事 | Comments(0)

あったもので作る料理


冷蔵庫の中を整理。
ウインナーとかしいたけとか、里芋、ジャガイモ、卵などを一人用チーズフォンデュで。
こんな商品があり、重宝ですね〜
レンジで箱ごと40秒チンするだけで濃厚なソースが出来上がります。
a0136720_05155301.jpg

a0136720_21571804.jpg
冷凍庫のアジフライやら、粘り昆布を納豆と和えたりハヤトウリのキンピラなと、
a0136720_21572147.jpg
模様替えしたみたいに、冷蔵庫がさっぱりしました。ついついあれこれたまってしまう冷蔵庫、たまには、綺麗に使い切ることも大事ですね。急なお客さまや家族が帰省した時に慌てないようにとストックしてある食材は、いつのまにか中途半端に残ってしまいますね。
皆様はいかがですか?
わたしは冷蔵庫に何が入っているかザッとメモしておき、使ってしまったら消し、取りかけは残っている量を書き足すようにしています。 (^^)無駄がなくていいですよ、って、そんなのわざわざ言わなくても実践してますよね。^_^
これから煮込み料理が美味しい季節、残っているジャガイモなどの根菜は、ココナツミルクで煮込んでシチューにします。



[PR]
by akiyo_kimi24 | 2017-11-13 05:28 | うんまか話 | Comments(0)