がまりんの日常をつづります


by akiyo_kimi24

カテゴリ:絵本と創作日記( 398 )

今日の予定

今朝は、とても暖かくて暖房なしで過ごせます。
昨夜もそうでした。

まだ二月だというのに。
土の中もぐっている虫たちが、びっくりして啓蟄前に出てきてしまうのじゃないでしょうか・・・・と心配したりして。(^O^)
今日は今月二回目の造形教室、あたりに咲き始めた「なのはな」の観察画です。

これは昨日の園の様子です。
二十分間くらいですが、とても集中して、子どもたちは声を出さずに熱中しています。
a0136720_8242171.jpg


写真を撮ると
「もう、がませんせったら、集中できないでしょ。音たてないで!」
としかられてしまいました(--)「ごめんね。

ノンちゃんが、ご自分のブログ本って本当に楽しいねで「ひげなしねこ」を紹介してくださいました。
ノンちゃん、ありがとうございます。
ノンちゃんは、演劇活動もしていらっしゃるパワフルな方です。
楽しい本がズラリと並んだ大書店のようなブログに皆様もぜひ、おでかけくださいね。

ここ 

です。

[PR]
by akiyo_kimi24 | 2010-02-10 07:23 | 絵本と創作日記 | Comments(0)

今日から買えます

キンダーメルヘン2月号が、バックナンバーで購入できるようになりました。フレーベル館つばめのおうちは、こちら

よろしければ、ご利用ください。

私も友人に頼まれていて、さっそく手続きをしました(^^)

2月って、逃げる月といいますから、あっという間に終わりますね。

最新号案内からはずされてしまうと思うと、ちょっとさびしい気もしますが。(--)
[PR]
by akiyo_kimi24 | 2010-02-05 15:19 | 絵本と創作日記 | Comments(0)

だめだこりゃ。

煮詰まってしまいました。

抜けぐちが見つからない。

あっちを通れば落とし穴、こっちにはイガイガのとげが・・・・上からは石が落っこちてきそうだし・・・
横には、うようよ毒虫が・・・・・


こりゃ、いけません。

しばらく寝かせておきます。・・・・と言っても、無理やり立ち上がらせちゃったけど。

なにがなにやらわかりません。

もお、どうしちゃったんだろ・・・・・

なんて、がまりんさんは、ちょっと編です。・・・じゃ、なかった、変!
[PR]
by akiyo_kimi24 | 2010-02-05 13:32 | 絵本と創作日記 | Comments(2)

もう二月

いよいよというか、やっと二月になり、ひげなしねこの配本で、近場の保育園や幼稚園から、子どもたちの反応が聞こえてくるようになりました。

ネットで親しくさせていただいている方や、お会いした方、がまりんの関わる機関など、すべてにお送りしたつもりですが、まだ抜けているかも・・・・
それで、ほっとしていて、いよいよの時に、もう肩の力が抜けてしまいました。

あとは、運を天に任せるだけ←本当にいい加減(--)

そういえば、いつも公募に出した後、こんな感じでした。

ネットをせず、ただワードを使って作品をひねり出している時は、怖いもの知らず、世の中にこんなにもたくさんの優れた書き手がいらっしゃることなど、頭の隅にもなく、ただただ、書くだけ。

没っても、落ち込みはしますが、没の比率が俄然高いのだから、と平然として・・・井の中の蛙そのものでした。

ネットでいろいろなことを知り、またたくさんの優れた書き手さんの数の多さに恐れ慄き、よくもまあ、書いてきたものだと、後堰がします(@@)

がまりんなど、もう後には限られた時間しかなく・・・・いえいえ死病にとりつかれているわけではいるわけではありませんが(^O^)

残された時間を・・・だから、そこが表現不足なのよね。(--)

フルタイムの仕事からは解放されたので、書く時間は、自分で捻出すればいくらでもあります。

生涯学習、生涯物書き、生涯万年文学少女?????で、書き続けなくちゃ、ですね。おっしっ!…単純(--)
[PR]
by akiyo_kimi24 | 2010-02-02 08:39 | 絵本と創作日記 | Comments(0)

出せましたか?

一月締め切りの原稿を書いていらっしゃった皆々様、無事に投函できましたか?

そのまますぐに、二月締め切りの原稿書きに突入された皆様、お疲れ様です。

良い結果が出ればいいですね。・・・・って、傍観的に言うなて(*^^*)

がまりんも、いくつかに挑戦しました。

書いていないと、なんだか、ちょっとおやつを食べ忘れたような、コーヒーを飲み忘れたような・・・そんな変な気分になります。

これは、執念ともいえる気持ちでしょうね。

発表は、怖楽しみ、というか、恐苦しみというか、新造語を作成しなければ、表現できない気持ちなんですよね。

そう思うのは、がまりんだけかなぁ・・・・(^O^)

まぁ、まずはお疲れ様ってことで、乾杯しましょう・・・・・・・それしかないのか(--)
a0136720_1092957.jpg

[PR]
by akiyo_kimi24 | 2010-01-30 10:10 | 絵本と創作日記 | Comments(6)

最新号紹介

いよいよ最新号に紹介されました。フレーベル館

ひげなしねこは、これからどんな旅をして、どこにたどりつくのでしょうか。

幸せな未来に向かって、ゴーーーーーーー!

なんてね。お花とか、
a0136720_1534455.jpg


ひげが二本しかない猫のマグカップとか(^^)
a0136720_154081.jpg
うふふ。
[PR]
by akiyo_kimi24 | 2010-01-27 14:55 | 絵本と創作日記 | Comments(2)

ひげなしねこ

作家の加藤純子先生が、拙作「ひげなしねこ」をご自分のブログ20階の窓辺からで紹介してくださいました。
ありがとうございました。

加藤先生とお会いしたのは、福井県の恐竜文学賞の授賞式でした。
とてもファッショナブルで都会的、女優さんみたいな方でした。

ホテルの居酒屋さんでもご一緒に杯を傾けさせていただいたのですが、飲んでも物静かで、
やはり、文章にはお人柄もでるのですね。
お手本にしなくちゃ・・・と思ったのでした・・・が、がまりんときたら毎晩おお暴れ(^o^)

とてもまねできそうにありません、です・・・・・はい。(--)

故木暮先生がご存命なら、きっとよろこんでくださったのになぁ・・・・

と、しみじみ思いました。
[PR]
by akiyo_kimi24 | 2010-01-21 15:54 | 絵本と創作日記 | Comments(2)

さくらこちゃん

いま、さくらこちゃん、という名前に凝っていて・・・(^^)
どうしてさくらこちゃんなのか、というと、造形教室に「さくらちゃん」と「さくらこちゃん」がいるのですが、どちらもはなのように可愛らしく、やさしいのです。

名は体を現わす、といいますが、本当にそのとおりですね。

今度の童話は、ぜひ「さくらこちゃん」を登場させたいと思っています。
さくらこちゃん・・・・・やさしいおはなしを運んできてね。
ネフレの子猫さんがご自分のブログおてんば魔女の修業日記で」ひげなしねこ」を紹介してくださいました。
子猫さん、ありがとうございました。
[PR]
by akiyo_kimi24 | 2010-01-20 12:39 | 絵本と創作日記 | Comments(2)

ひげなしねこ

ヒュウー、ヒュウー・・・・風の音(^^)

風が冷たく頬をなてでゆく、夕暮れ時です。
おっかさんが作ってくれたシャツを着て、暮れゆく町のあちこちに、旅にでました。

「ちゃんと挨拶するんだよ、ひととちがっていたって、ちっともかまわん、自分らしくしてればそれでいいのさ。きっと皆さんは喜んでくださる」

おっかさんは、そう言って、おいらを送りだしてくれました。

おいらのなまえは「ひげなしねこ」
ひげはないけどしっぽが長い・・・・こんな姿で突然たずねたというのに、町の皆様は、おいらのことを
「しっ、しっ、」
「あっちいけ!」
とも言わないで、瞳を、かまぼこのようにほころばせてあったかく迎えてくださいやした。

人のなさけとは、こんなにありがいものでございましょうか。

いつも「ぱけもん」とよばれ、
仲間はずれにされていたおいらのことを、でございますよ。

おっかさんがいったことに間違いはなかった・・・・・
南のそらを見上げながら、心の中で
「おっかさーーーん」と叫んだおいらの頬に、明け年の風がまた、ツンとあたっていきやした。



皆様、ひげなしねこをあたたかく迎えてくださってありがとうございました。(*^^)
[PR]
by akiyo_kimi24 | 2010-01-02 07:42 | 絵本と創作日記 | Comments(5)

ひげなしねこ

二月の月刊絵本なのですが、もうそろそろ印刷されるみたいです。
まだネフレの皆様におとどけできるのは、ちょつと先になりそうですが、とっても嬉しくて、宣伝しちゃいます。
鈴木出版の編集者様が、フレーベル館の知り合いの編集者様に紹介してくださった縁、やっとたどりつきました。
失礼も省みず、ここで言わせていただきます。

フレーベル館の小林編集者さま、がまりんの夢を大切にしてくださってありがとうございます。

願い続けていれば、夢はきっと叶う、ということ、まさにその夢を実践してくださった小林編集者様に、大きな声で叫びたい!
ありがとうございます、と。(^^)
画家の竹内通雅先生の絵がまた、とってもお話を盛り上げてくださっています。これです。

a0136720_20435250.jpg


ひげのない猫が、いじめられながらも、自分のポリシーで生きていき、やがて大切な友達を見つけ出す、というかわった童話ですが、これは、がまりんのポリシーでもあります。
人はひと、自分は自分、それでも精一杯自分の生き方を貫きとおすのです。

楽しみにお待ちくださいね。
[PR]
by akiyo_kimi24 | 2009-12-19 20:48 | 絵本と創作日記 | Comments(10)