がまりんの日常をつづります


by akiyo_kimi24

カテゴリ:絵本と創作日記( 379 )

地元書店

a0136720_18165533.jpg

レジ効果の場所に置いてくださってました。
レジ終了を待つ間に、レジ付近に置いてある物をチョイスする、というスーパーやコンビニなどの商法だそうですが、ありがたいです。
リリーズさま、ありがとうございます。
[PR]
by akiyo_kimi24 | 2016-10-25 18:11 | 絵本と創作日記 | Comments(0)

書こ会

久々に書こ会の話題です。
いつも、自分の育てている花を持ってきてくださるYさん。今月は、ハープとコスモスです。
a0136720_06212899.jpg

お話作りをするゆるい会なので、作品の提出は強制せず、合評も感じたままを述べあうだけですが、最近は、皆さんとっても積極的に作品を書いてきてくださり、公募熱も湧いてきたようです。
ローカルな新春文芸のエッセイ募集に、皆さんで挑戦されることになりました。
まずは挑戦する、と言うところまできたことが、私にとっては、甲斐があったと思える出来事です。^_^;
良かった。
締め切りまでわずかな日にちしかありませんが、みなさんの奮闘を祈ります。
[PR]
by akiyo_kimi24 | 2016-10-22 06:09 | 絵本と創作日記 | Comments(0)

毎日小学生新聞

日曜日、新刊コーナーに、紹介してくださいました。
a0136720_07504513.jpg

低学年 拙作 おてつだいおばけさん。
中学年 いとうみくさまの、ねこまつり。
高学 堀米薫さまの、仙台真田氏物語。
幼年童話コーナーは、橋本悦代さまのだいずがだいず、第11回目です。
続きがたのしみです。
a0136720_07504571.jpg




[PR]
by akiyo_kimi24 | 2016-10-16 07:39 | 絵本と創作日記 | Comments(0)

ご紹介いただきました。

ここ
うさこさま、ありがとうございました!
[PR]
by akiyo_kimi24 | 2016-10-14 08:08 | 絵本と創作日記 | Comments(0)

あしべ第7号

児童文学者協会 鹿児島支部
鹿児島児童文学の会 発行
a0136720_12392397.jpg

なっちゃんこと、もりなつこさまのお作が、長編二編載っています。
楽しみにじっくり拝読させていただきます。
なっちゃん、ありがとうございます!

[PR]
by akiyo_kimi24 | 2016-10-13 12:34 | 絵本と創作日記 | Comments(2)

綺麗!

a0136720_12240995.jpg

a0136720_12241114.jpg

お花をいただきました。
お友だちの保江さんと瑞子ちゃんからです。
お世話になっている先生がたや作家仲間さんが優先になり、やっとお友だちに拙作を届けることができたのです。
それでも、一番近い身内は後まわしになります。
まだあげてなくて、ごめんね〜〜お姉ちゃん、お兄ちゃん^_^;
[PR]
by akiyo_kimi24 | 2016-10-12 11:53 | 絵本と創作日記 | Comments(0)

10月号のキンダーブック2

a0136720_16472500.jpg

10月号は、頑張りの巻です。
a0136720_16472685.jpg

みんなができることが、うまくできなかったり、ほかの子は上手にすんなりできるのに、うまくできず落ち込んだり、あぁ、ダメだな〜〜と、いろいろな思いが出てきます。友だちのがんばりを目の当たりにして、その頑張りをまねしたり、挑戦する気持ちを持つことが大事だという事を伝えたり、諦めない気持ちを育むことを手伝います。
頑張って!と声援を送りたくなるような、物語です。
みなさま、どうぞ読んでくださいね〜!
[PR]
by akiyo_kimi24 | 2016-10-06 16:46 | 絵本と創作日記 | Comments(0)

はじまりました。

ここ
国土社刊
季巳明代 作
長谷川知子 絵
毎日小学生新聞連載から誕生しました。
皆様、どうぞよろしくお願いいたします。
a0136720_13222078.jpg


[PR]
by akiyo_kimi24 | 2016-10-05 13:13 | 絵本と創作日記 | Comments(2)

おてつだいおばけさん

a0136720_12374472.jpg

見本がとどきました。
皆様、どうぞよろしくお願いいたします。
[PR]
by akiyo_kimi24 | 2016-10-01 12:36 | 絵本と創作日記 | Comments(0)
高田由紀子作
木村いこ 絵
ポプラ社刊
a0136720_11275297.jpg

ぼうず頭をからかわれて、お寺の子なんて、やっぱりいやだ!
と思ってしまう主人公ですが。
舞台は佐渡島の小さなお寺です。
父親を亡くした少女と、その心に、よりそおうとする少年のやりとりが、温かく丁寧にえがかれています。
読後に、爽やかで鼻ツン!の風が吹いてきます。感動です。
お寺の住職を引き継がれた弟さんを思いながら書かれた作品だそうです。
作者の高田由紀子さんとは、ブログを通してのお付き合いでしたが、優しいお人柄と律儀さを、いつも見習わなくちゃ、と、メールのやり取りをする中で思いました。
この本の原型となるお作を拝読して、とても温かい気持ちになったことを覚えています。
きっと本になる、と思いました。
本当に嬉しいです。
高田由紀子さん、ご上梓おめでとうございます!
✨✨✨

[PR]
by akiyo_kimi24 | 2016-09-16 11:01 | 絵本と創作日記 | Comments(0)