がまりんの日常をつづります


by akiyo_kimi24
カレンダー
S M T W T F S
1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29
30 31

なみき ビブリオバトル.ストーリー2 決戦は学校公開日

ビブリオバトルストーリー2
さ・え・ら書房
作者  森川成美 おおぎやなぎちか 
赤羽じゅんこ 松本聰美
絵   黒須 高嶺
a0136720_14140262.jpg

11月18日、熱気に包まれる並木小学校。
なぜなら、この日は学校公開日。

しかも、四年二組でビブリオバトルがおこなわれるからです。

四年二組というのは、何かが起こる予感や、不思議な風が吹くクラスのイメージなのでしょうか)^o^(

拙作、四年変組も、二組でした。

それはさておき(*≧∀≦*)
「今度はぜったい、うそのチャンプ本なんていわせない」と珊瑚。 
「これも忍者になるため、なにごとも修業だ」と吉樹。 
「だって、どうしても、本のことで負けたくないんだもん」とセイラ。 
「伝えたいことあるんだ、おねえちゃんのリベンジじゃない」と碧人。 

1は、なみき図書館でひらかれた小学生4人のビブリオバトルでした。
今回は何と、学校でのビブリオバトルなんです。

図書館では、現実にもよく企画されますが、学校で、しかも保護者の前での開催は、今後の学校活動に大きなヒントを投げかけるでしょう。学校に、是非紹介したい❣️と思いながら読み進めました。
読み進めるうちに、驚いたこと。

作家4人で、しかも作風の違う方々の作品群なのに、流れる文章はまるで1人の作者が書いているようにサラサラと進み続けるのです。

書き始める前に、どれほどの綿密な企画会議を繰り返されたのだろうか、とその様までうかがわれるようでした。

それぞれの章にたくさんのひねりや面白さが散りばめられていて、本当に満足な気持ちになりました。

きっと、小学生が夢中になること請け合いですね。

子どもたちが、本好きになるきっかけは、思いがけずこうした面白い本と出会うことでしょう。そのためには、大人の私たちが、知らせてゆく、繋いでゆく、導く、ことが大切なんだ、と、思いました。



[PR]
by akiyo_kimi24 | 2018-02-20 06:13 | 絵本と創作日記 | Comments(0)