がまりんの日常をつづります


by akiyo_kimi24

2009年 10月 20日 ( 2 )

みかん山へ

がまりんの住む里、出水市は、みかんの産地です。
水はけがよく養分を含んだ目の粗い土で、不知火海から暖かい潮風が吹き上げ、また日照時間が長く、霜があまり降りないので、みかん作りに適した気候なのです。
 出水のみかんは味がよいことで有名です。
a0136720_1652497.jpg


がまりんの家はみかん農家ではありませんが、みかん山に知り合いがいるので、今日は行ってきました。

今年は雨が少なかったので甘さは抜群ですが、粒が小さいとのこと。

「はなんすで くわないかんど」←口ではなく、鼻の穴でも食べられるくらいに小さいよ、の意味(--)

その小さいみかんをたくさんいただいてきました。
でも、さすがに鼻からは食べられません(^^)

輪切りにしてサラダにしたり、みかんゼリーにしたり、あとは・・・早食い競争か(^o^)
だれが口の中にたくさん詰め込めるか、なんてね。

それから「けたうたせ漁」これはカレンダーの写真ですが、まさにこの風景が自転車を10分も走らせればすぐ近くの海でみることができます。
a0136720_16103659.jpg


動力を使わない帆船で 11 月 15 日~ 3 月 31 日の期間、八代海の漁区内で行われるもので冬の風物詩となっています。

沼地にいる“クマエビ”をケタでかいていくとエビが飛び跳ねるので、それを漁獲する漁法です。

がまりんが子供のころは、多い時には 100 隻あった船も後継者もいなくなり、今では 6 隻だけになってしまったそう。

名護の港で焼き海老所がたくさんあったのですが、今では、お正月のおせち料理用に焼いている人は 1 人しかいなくなったのだそうです。
残念ですねぇ・・・

お正月には焼き海老を丸ごといれた雑煮をたべたものですが、今は高価で、なかなか口に入りません。

一尾2000円くらいするのかな。

雑煮にはこちらではやっぱり、焼き海老を丸ごといれますが、小さい海老を代用しています。

こんな風光明媚な土地に生まれ、ずっとそこで過ごしてきたことを今となっては有難いな、と思います。

若いころ、田舎の若者の夢は「東京に行く」でしたから(^^)

田舎暮らしはいいものです・・・・しみじみ
[PR]
by akiyo_kimi24 | 2009-10-20 16:28 | 読み語り | Comments(2)

やっぱり夏日

今日も日中は暑くでエアコンが必要です。

午前中、市で主催される「人生大学」に行ってきました。
これは月に一度、高齢者が福祉センターに集われ、それぞれの趣味を堪能されるというもの。午前中は講和や映画などで過ごされ、午後から踊りや陶芸、手芸などの趣味の部屋に分散されるのですが、今月はがまりん所属の読み聞かせグループがよばれました、

よりすぐり(^^)のめんばー四人で楽しんできました。

代表のTさん、唯一男性のEさん、エプロンシアターが得意なSさんとがまりんです。

花さき山、浦島太郎、あかまるちゃん、おばあちゃんの手、などの仕掛け絵本や大型絵本、エプロンシアターがおわってトリはがまりんのマジックショー(^O^)なんじゃろ?

いいからいいからを読みました。

マジックショーは定番の「オリーブの首飾り」をBGMでかけながら行ったのですが、そこにはがまりんの婆様も鎮座しています。(--)

緊張しました・・・うそぉ(^^;)

人に本を読んでもらう、ということがなかなかない高齢者の方々でしたが、とても楽しそうにして聞いてくださいました。

「元気をもろたどー」と言う声もあがり、会場はなごやかな雰囲気に包まれていました。

帰りに代表のタドコロさんと洋食屋さんでランチをしました。今日の日替わりは「カニクリームコロッケ」

あ゛、食べてしまってからやっぱり写メるのを忘れたがまりん。馬鹿ですねぇ・・・

まぁ、おいしかった、ということで。
ちょっと家庭の愚痴を聞いてもらい、ほっとしました。
家庭のぐちて・・・(@@)(^^)
[PR]
by akiyo_kimi24 | 2009-10-20 13:44 | 日々の出来事 | Comments(0)