人気ブログランキング |

がまりんの日常をつづります


by akiyo_kimi24

2011年 04月 24日 ( 1 )

お見舞いへ

今月八日、相方さんの長姉さんが、高速道路で事故に遭いました。
朝早く出発してお世話になった方の葬儀に出るためだったのですが、事故の事故に巻き込まれた事故で・・・詳細省略で・・・

とにかく、大学病院救急救命センターに搬送され、5時間をこえる手術

命に別状fなくて 手術もうまくいったのですが、、歩けるようになって日常生活ができるようになるためには、今後皮膚移植や再手術を経て、リハビリが必要です。
皮膚移植が出来るようになるまで、持続引圧療法というので肉芽(にくげ)があがるのを待つという状態だそう。

高速道路で、事故・・・・!
でも、その朝、義姉は、相方さんの携帯に電話して、
「ちょっと事故にあって、足を怪我したから、葬式にいけなくなったの、大したことはないんだけど」と電話してきました。
高速道路で事故にあって、たいしたことがないわけないよ・・・と思いつつ
高齢の婆様に心配させないようにと、みんなで配慮し、怪我の状態は言わないことにしました。

心配でたまらなかったのですが、ここで知らせると、近所のがまりんブログファンも多いので(^^)
回り回って、婆様に伝わってはいけない、と症状を書くのを控えでいました。

今日、みんなでお見舞いに行き、義姉の状態を見て、
(骨の手術はひとまず終わったので 次は脛骨(すねの骨)のすぐ見えるところまで挫滅、ぐちゃぐちゃになってだめになっている)軟部組織(筋肉等)をデブリード(洗い削ぐ作業)しているので、毎日処置をしながら肉芽新生(表面が乾燥したりくさったりしていない新しい肉ができる状態をまって、ふとももやお尻からの皮膚を移植するという治療をしなければいけないのだそう。

まだまだ、これからがたいへんですが、命に別条がなく、元気に(相当無理してたと思いますが)
その姿を観て、婆様もほっとした様子でした。
往復7時間のお見舞いドライブ、相方さんの運転で、無事にもどってきました。
義姉は、とても我慢強く男っぽい性格で、相方さんの兄姉弟の中で、がまりんが一番好きな人です。

がまりんのことを、よく理解していて、包容力のある方です。
本当に命に別状がなくて、よかった・・・・、

でも、病室では、他の兄義姉弟の能弁さにひるんでしまい、お見舞いの言葉を何もつたえられませんでした。
あ゛、のど自慢の予選会にでることだけは、伝えました(^o^)

もし本戦に出られたら、見てね、とだけ(*^^*)
うふふ。
by akiyo_kimi24 | 2011-04-24 23:40 | 日々の出来事 | Comments(2)