がまりんの日常をつづります


by akiyo_kimi24

テーブルに春

テーブルに春
a0136720_22355252.jpg
畑の菜の花を摘んでかざりました。
春の香りを感じながらの食卓は、それだけでおかずの一品に相当します^_^ね〜〜❣️
春になるとちらし寿司を作りたくなる私。
でも、今年はしつこい風邪のせいで、まだ料理意欲が湧きませんね〜〜(*≧∀≦*)
春が待ち遠しいです。

[PR]
# by akiyo_kimi24 | 2018-02-25 09:37 | 日々の出来事 | Comments(0)

福祉大会

福祉大会
今日は午前、午後、市のボランティア福祉大会があります。
a0136720_16072618.jpg
わたしも行ってきました。
a0136720_16064480.jpg
学童の生徒たちがたくさん来てくれましたよ〜〜。10時から、15時まで、満勤してきました。体調は、薄皮を剥ぐように回復しているので、大丈夫でしたよ。)^o^(
高校生のお手伝いも来て、話が弾み、若やいだ気分になりました。恋バナのヒントになるかな?(*≧∀≦*)
皆さま、お疲れ様でした。


[PR]
# by akiyo_kimi24 | 2018-02-24 04:34 | 読み語り | Comments(0)

癒しの時間

a0136720_11344732.jpg
荘のギャラリーに、美展入賞作品展示会に行きました。
私設のギャラリーなんですが、お庭が立派な日本庭園。
a0136720_11552773.jpg

a0136720_11554610.jpg
お天気が良くビタミンDの補給)^o^(と、
心も癒されました。

[PR]
# by akiyo_kimi24 | 2018-02-23 11:34 | 日々の出来事 | Comments(0)

大根

大根
a0136720_18423601.jpg
立派な大根をいただきました。
比べてみると、私の足よりでかい(*≧∀≦*)
大根足とはよく言ったものです。
調べてみると、
昔の大根は白くてすらっとしており、「大根足」は褒め言葉として用いられていたそうですが、江戸時代後半から太い大根が出回るようになりマイナスイメージとして使われるようになってしまったそうです。
a0136720_18470958.jpg
それにしても立派❣️
煮物に美味しい白大根。やっぱり、おでんですかね〜〜。それともふろふき大根?
しばらく眺めてから決めましょう)^o^(

[PR]
# by akiyo_kimi24 | 2018-02-22 08:41 | うんまか話 | Comments(0)

美味しい物を食べる会i

美味しい物を食べる会
2月のご馳走は何かな?と、毎月楽しみにしている会ですが、今回は帳面消しに参加(*≧∀≦*)
のつもりでしたが、大好きな赤味噌の出汁で鍋
a0136720_22223383.jpg
あったまりました。赤味噌大好きなので、風邪、吹き飛んだかも!^_^
あったまって美味しくて。たくさん食べられました。よかった。
牡蠣のグラタンも。
a0136720_22223492.jpg
おにぎりは🍙さすがに割愛でしたが、お米は新潟からのお取り寄せだそうです。皆さま、美味しそうに頬張っていました。
a0136720_22223649.jpg
明日起きたら、ピンピン元気❣️になっているかもしれないですね。
と、いうか、
そんなに具合が悪いのに、行くか?って話ですが(*≧∀≦*)
皆さんのお話が面白いので、いっちゃいました。
あ〜〜した、元気にな〜〜れ❣️


[PR]
# by akiyo_kimi24 | 2018-02-21 06:26 | うんまか話 | Comments(0)
ビブリオバトルストーリー2
さ・え・ら書房
作者  森川成美 おおぎやなぎちか 
赤羽じゅんこ 松本聰美
絵   黒須 高嶺
a0136720_14140262.jpg

11月18日、熱気に包まれる並木小学校。
なぜなら、この日は学校公開日。

しかも、四年二組でビブリオバトルがおこなわれるからです。

四年二組というのは、何かが起こる予感や、不思議な風が吹くクラスのイメージなのでしょうか)^o^(

拙作、四年変組も、二組でした。

それはさておき(*≧∀≦*)
「今度はぜったい、うそのチャンプ本なんていわせない」と珊瑚。 
「これも忍者になるため、なにごとも修業だ」と吉樹。 
「だって、どうしても、本のことで負けたくないんだもん」とセイラ。 
「伝えたいことあるんだ、おねえちゃんのリベンジじゃない」と碧人。 

1は、なみき図書館でひらかれた小学生4人のビブリオバトルでした。
今回は何と、学校でのビブリオバトルなんです。

図書館では、現実にもよく企画されますが、学校で、しかも保護者の前での開催は、今後の学校活動に大きなヒントを投げかけるでしょう。学校に、是非紹介したい❣️と思いながら読み進めました。
読み進めるうちに、驚いたこと。

作家4人で、しかも作風の違う方々の作品群なのに、流れる文章はまるで1人の作者が書いているようにサラサラと進み続けるのです。

書き始める前に、どれほどの綿密な企画会議を繰り返されたのだろうか、とその様までうかがわれるようでした。

それぞれの章にたくさんのひねりや面白さが散りばめられていて、本当に満足な気持ちになりました。

きっと、小学生が夢中になること請け合いですね。

子どもたちが、本好きになるきっかけは、思いがけずこうした面白い本と出会うことでしょう。そのためには、大人の私たちが、知らせてゆく、繋いでゆく、導く、ことが大切なんだ、と、思いました。



[PR]
# by akiyo_kimi24 | 2018-02-20 06:13 | 絵本と創作日記 | Comments(0)