がまりんの日常をつづります


by akiyo_kimi24

カテゴリ:絵本と創作日記( 440 )

つくしの会第2日

つくしの会第2日
怒涛の合評会を無事に終え、今日は、かるかやに移動して、そば打ち実演を見ながらの、手打ち蕎麦試食会です。
料理人は、なんと相方さん❣️
普段打ち慣れた道具持参で、そば打ちをするのです。好きですね〜〜、もう。
相方さんは、何かに興味を持つと、徹底して極めたくなる性分。独学で学んだ蕎麦うちを作家さん方に披露するのですが、私の方がドキドキしますよ。
a0136720_13512183.jpg

a0136720_13512719.jpg
a0136720_13520844.jpg
でも、無事にすみました。
皆さまに見てもらい、美味しい!と言ってもらえてよかったです。
まあね、打った人前にして美味しくないとは言えませんけどね〜〜(o^^o)
帰京されるお二人を空港までお送りして、帰路につきました。お会いした方々、ありがとうこざいました。

[PR]
by akiyo_kimi24 | 2018-04-22 13:41 | 絵本と創作日記 | Comments(0)

つくしの会実況

今日からつくしの会で小林に来ています。
朝ごはん。がっつり食べました。
a0136720_17401496.jpg
生駒高原のポピー
a0136720_17401806.jpg
綺麗です。風に揺れる花びらがなんとも可憐です。
a0136720_17402211.jpg
合評会場、庸山窯へ行く途中の持田の滝へ、幹事の風馬さんが案内してくださいました。
風馬さんは、写真家としても活躍しておられ、彼が撮ったこの滝の写真は、霧島山嶺の水のペットボトルラベルに採用されているものです。
a0136720_05222136.jpg
実在の風景を目の当たりにすると、感動ものです。
新緑がまぶしい。
a0136720_17402520.jpg
会場では、東京からや佐賀、大分、出水、小林の作家さんによる熱い合評が繰り広げられ、コテンパン❣️\(^^)/
a0136720_17402880.jpg
炎の合評会が終わると、神の郷温泉という♨️宿屋へ移動して、大宴会。
はしゃぎすぎて、ご馳走の写真を撮るのを忘れてしまいました。
1日目の予定は、無事にクリアして、深い眠りにつきました。(o^^o)


[PR]
by akiyo_kimi24 | 2018-04-21 07:41 | 絵本と創作日記 | Comments(0)

明日は大事な会

明日は大事な会
それなのに、熱発( ´∀`)
頭痛がして、今朝はやっと起きました。私は、ここぞ!という大切な事を前にすると、なんらかのアクシデントがある運勢です。
どうぞこれ以上、ねつがあがりませんように。
a0136720_06362923.jpg
昨日は、書こ会てした。精力的に作品を生み出されるKさんが、紙芝居を完成させてこられました。

[PR]
by akiyo_kimi24 | 2018-04-20 06:31 | 絵本と創作日記 | Comments(0)

出版事情

お世話になっている国土社が移転するそうです。編集の Sさんから知らせてもらいました。
拙作、おてつだいおばけさんを3巻まで出していただいた出版社さんです。
a0136720_20030612.jpg

a0136720_20030714.jpg

a0136720_20030728.jpg

4巻目の原稿okいただいていたのですが、出ませんね〜。
きっと企画会議通らなかったのでしょうかね〜〜
( ̄∀ ̄)結構落ち込む。

と、思いつつ、気分を変えて、恋バナ書いてます。( ^ω^ )この歳で❣️
そうそう、この歳なので、展開がどうも古臭い( ^ω^ )時代遅れで、セリフが臭い( ^∀^)
致命的。自分でよくわかりますから、だめだこりゃ!です。
ほら、これが古いて。( ´∀`)
でも、F社の編集者さんは、ちゃんと預かってくださいました。
ありがたいです。

編集者さま、どうぞよろしくお願いします❣️\(^^)/

[PR]
by akiyo_kimi24 | 2018-04-14 10:00 | 絵本と創作日記 | Comments(0)

今日は書こ会

今日は書こ会
鹿児島の方言で、〜かい  というのは、〜しましょう、という意味です。ですから、書こかいは、書きましょうか、です。
泣こかい  飛ぼかい  泣こよっか  ひっ飛べ!
ということばがありますが、これは、思い切りや決意を表した言葉で、直訳すると、
泣こうか 飛ぼうか 泣くくらいなら 飛んでしまえ!
意訳すると、
夢がある。でも、その夢に届くまで頑張れるだろうか。失敗するかもしれない。
どうしよう。
失敗したっていいじゃないか。迷って泣くぐらいなら、思い切ってやってみろよ!
みたいな意味です^_^
子どもの頃、ちょっと高い所から飛び降りる時、この言葉をおまじないのように叫びながら飛ぶと、勇気が湧きました。
不思議な言葉です。書こ会は、市の生涯学習講座から自主講座になってすでに10年以上が過ぎました。
生徒のみなさんは、月1のこの会をとても楽しみにしてくださり、1ヶ月分のよもやま話に花が咲きます。
書くのはゆるいペースなのですけどね。(*≧∀≦*)
でも、公募ガイドやエッセイでの入賞者もでています。もちろん私の力では全くなくて生徒のみなさんのご努力とお力の所以です。
集まることに意義あり❣️て感じです。
今月は年度末なので、来年も続けるか否かを話し合うのですが、きっとまた続けることに決まるのでしょう。^ - ^
a0136720_13303172.jpg
決まりました。)^o^(
蘭の花は、kさんの差し入れです。
マリリンモンローという名前だそう。甘い香りがしました。



[PR]
by akiyo_kimi24 | 2018-03-15 01:12 | 絵本と創作日記 | Comments(0)

今月のマジカル園

a0136720_14022204.jpg

a0136720_14022340.jpg
この1年、いろいろなことがありましたね〜〜❣️

マジカル園のみんなは、この1年間にできるようになったことや、がんばってきたことを振り返っています。あ〜❣️あんな事やこんな事、懐かしいですね〜。

それぞれの園でも、きっと1年間の思い出に話がはずむことでしょう。

♪いつの ことだか 思い出してごらん。

あんなこと こんなこと あったでしょう。

うれしかったこと おもしろかったこと

いつになっても わすれない♪

卒園に向け、思い出のアルバムも練習しているのでしょうね〜。

進級したら挑戦したいことや、どんなお兄さんお姉さんになりたいのかなど、目標を立てることで次の1年への期待を高められるとよいですね。

一年間、応援ありがとうございました。

忍者園のどろろん組やこのは組から3年間の思い出は尽きません。

四月からは生活ページの担当を卒業しますが、キラキラもりのマジカルえんは続きます。

みなさま、どうぞこれからもよろしくお願いします。💕


[PR]
by akiyo_kimi24 | 2018-03-12 08:02 | 絵本と創作日記 | Comments(0)

新.歴史人物伝

新.歴史人物伝
西郷隆盛
駒草出版   越水利江子  著
                フカキショウコ  絵
a0136720_12181701.jpg
子どもの頃、敬天愛人、天を敬い人を愛する、という意味の条幅は、どこの家の床の間に飾ってあって、それは西郷さんの良く使っていた言葉だと教えられていました。西郷さんは鹿児島の子供にとって、身近で親しみやすい人物像です。
実際、私の小学6年生の時の担任先生は、大山巌の=呼び捨てごめん。
ひ孫だと豪語される大山寅夫という名前の先生でした。
ひいおじいちゃんである大山巌の従兄弟の西郷さんは、当然のごとく、日常的に会話に上り、時には社会の時間、あるいは雨の日の体育の時間を一時限つぶして、臨場感豊かに熱く語ってくださいましたっけ。(*≧∀≦*)
大山巌は政府軍として、西郷さんと敵味方に分かれて戦わなければならなかったこと。その事を、生涯後悔していたこと、あるいは、西郷さんのたてこもった城山での切腹の場面、
晋どん、晋どんもうよかが、と言い残し、別府晋介に介錯を頼んだことなど、まるで映画を見るように、時には涙しながら話してくださった担任先生の顔が忘れられません。
大河ドラマで西郷どんの放送がはじまったのと並行して刊行された、歴史人物伝。西郷隆盛を読みました。
愛情深く、つねに民の立場になって政治を目指した西郷さんの清廉潔白さと、徳望ある英雄ぶりが、ずっしりと描かれた利江子さまのご著書です。
薩摩言葉にはきっとご苦労された事でしょう。
鹿児島ファンが増えますように❣️
どうぞ読んでくいやったもんせ。


 


[PR]
by akiyo_kimi24 | 2018-03-06 09:15 | 絵本と創作日記 | Comments(0)
ビブリオバトルストーリー2
さ・え・ら書房
作者  森川成美 おおぎやなぎちか 
赤羽じゅんこ 松本聰美
絵   黒須 高嶺
a0136720_14140262.jpg

11月18日、熱気に包まれる並木小学校。
なぜなら、この日は学校公開日。

しかも、四年二組でビブリオバトルがおこなわれるからです。

四年二組というのは、何かが起こる予感や、不思議な風が吹くクラスのイメージなのでしょうか)^o^(

拙作、四年変組も、二組でした。

それはさておき(*≧∀≦*)
「今度はぜったい、うそのチャンプ本なんていわせない」と珊瑚。 
「これも忍者になるため、なにごとも修業だ」と吉樹。 
「だって、どうしても、本のことで負けたくないんだもん」とセイラ。 
「伝えたいことあるんだ、おねえちゃんのリベンジじゃない」と碧人。 

1は、なみき図書館でひらかれた小学生4人のビブリオバトルでした。
今回は何と、学校でのビブリオバトルなんです。

図書館では、現実にもよく企画されますが、学校で、しかも保護者の前での開催は、今後の学校活動に大きなヒントを投げかけるでしょう。学校に、是非紹介したい❣️と思いながら読み進めました。
読み進めるうちに、驚いたこと。

作家4人で、しかも作風の違う方々の作品群なのに、流れる文章はまるで1人の作者が書いているようにサラサラと進み続けるのです。

書き始める前に、どれほどの綿密な企画会議を繰り返されたのだろうか、とその様までうかがわれるようでした。

それぞれの章にたくさんのひねりや面白さが散りばめられていて、本当に満足な気持ちになりました。

きっと、小学生が夢中になること請け合いですね。

子どもたちが、本好きになるきっかけは、思いがけずこうした面白い本と出会うことでしょう。そのためには、大人の私たちが、知らせてゆく、繋いでゆく、導く、ことが大切なんだ、と、思いました。



[PR]
by akiyo_kimi24 | 2018-02-20 06:13 | 絵本と創作日記 | Comments(0)

チーズケーキ

a0136720_10425344.jpg
短編童話依頼状と一緒に、編集者さんから送っていただいたチーズケーキ🍰
サラリとしていて美味しいです。
いろんな作家さん方が、編集者さんに送ってもらったお菓子食べて頑張ろ、❣️的な発信をされているのを横目にみて、うらやましかったのですが、何と実現しました。)^o^(
ありがとうございます。

[PR]
by akiyo_kimi24 | 2018-02-18 10:42 | 絵本と創作日記 | Comments(0)

うれしいツイッター

  佐賀の書店さんが、ひげなしねこを選んでくださいました。
画家の竹内通雅先生が教えてくださいました。わーい❣️
ポップが可愛い💕ですね〜。
本にしてくださったフレーベル館さま、編集者のKさま、う〜名前書きたいけど、ご迷惑がかかるといけないので、ぐっと我慢。画家の竹内先生、デザイナーさま、いろんな方々のお力で、月刊本から市販本になり、海外で翻訳され、あ、海外事業部のHさま、うー、名前書きたいけど我慢。そしてそして重版され、あ、営業さまも!
その本を、その本を❣️書棚の真ん中あたりにでん❣️と。
ほんまさま、ありがとうございます。
a0136720_22315091.jpg
鼻がツンツンしてきます。嬉しくて。
もう一度、ありがとうございます💕

[PR]
by akiyo_kimi24 | 2018-02-10 09:31 | 絵本と創作日記 | Comments(0)