がまりんの日常をつづります


by akiyo_kimi24
カレンダー

カテゴリ:絵本と創作日記( 466 )

かごスタ

かごスタ
見逃してはいけない、としっかり覚えていて観ました〜〜❣️
a0136720_09164228.jpg

a0136720_09164336.jpg

a0136720_09164554.jpg
なっちゃんこと、もりなつこ様所属の、アシベのみなさんが、テレビ出演されました。
ほぼなっちゃんがメインで映っていました。
鹿児島市は、粋なことをされますね〜〜❣️\(^^)/
なっちゃんおめでとうございます㊗️

[PR]
by akiyo_kimi24 | 2018-08-13 09:15 | 絵本と創作日記 | Comments(0)

ひっこしはバスにのって

ひっこしはバスにのって
a0136720_18521427.jpg
拙作、ひっこしはバスにのって、のファンレターが、大人の方から届きました。
嬉しい(≧∇≦)
銀の鈴社で出してくださってから随分たちますが、嬉しいレビューが!

作者冥利に尽きますね〜( ^ω^ )
それから、愛媛の友だちから、子どもさんがもらってきた学校便りに、載っていました、と、写真を送ってくれました。
a0136720_08480805.jpg
このくしゃくしゃ感がなんとも(≧∇≦)
こんなささやかな楽しみに幸せを感じて、毎日生きていけるんですね!


[PR]
by akiyo_kimi24 | 2018-08-11 08:50 | 絵本と創作日記 | Comments(0)

こんな事もある。

もう10年来のお付き合いの編集者さんが、異動されたそう。

10年前、宝物を見つけたようだと←いえいえ、決して私が言ったのではなく、(*≧∀≦*)編集者さんが言われた言葉です。
そして、あれこれの拙作を本にしてくださいました。
a0136720_19554700.jpg

一番の思い出は、
はあ〜〜思い出にしたくない(*´-`)
画家様に拙作をお願いしてくださって、OKもらえたのですが、その後画家さまは超超売れっ子になられ、待たされる事10年!
ずっとめげずに画家様にコンタクト取り続けてくださっていたのでしたが、それが、もうお蔵入りになる可能性大ですね〜。
作品ができるたびに読んでもらっていたのに、それもできなくなる。
残念です。ここらで私も、潔く諦めなければと決意しました。
本当に残念ですが、画家の約束違反が一番のつみですよ←いつのまにか画家の様づけをとりはらっとる( ^ω^ )
最初にお付き合いくださった編集者のKさま、ありがとうございました。
もう、諦めます。
ここで発表しても伝わりませんが、もし偶然に季巳の決意を知ることがあったら、どうぞ負担に思わないでくださいね。
もう、いいですからね〜。

ボツの数なら誰にも負けない自信がありますが、その時どきの編集者さんの対応には、差があります。
何の音沙汰もなく完全無視もあれば、丁寧にお返事くださる方、アドバイスまでつけてくださる方、と、編集者さんも多様です。
そんな中、Kさんは、夢を持たせてくださる方でした。
いやいや、過去形ではなく、これからも違う形で、よろしくお付き合いくださいませ。
そんなわけで、今日も元気にいきましょう。

[PR]
by akiyo_kimi24 | 2018-08-09 09:15 | 絵本と創作日記 | Comments(0)

怪談絵本

怪談絵本
怖い話に挑戦⁉︎
してたのですが、見事に落選しましたね〜〜
( ^ω^ )
小学校で怖い本を読んであげると、子どもたち、ものすごーく喜びますもんね。
いるの いないの?とか、悪い本とか、ちょうつがいきいきいとか。
これが自分の書いた本だったらなあ、と書いてみたんです。
あれはどうなったかなあ、と検索してみたら、もう一次審査発表されてました。

3000余編の応募があったそうです。
後から読み返してみても、怖くない(*´-`)
作品としてはあったかい、と自分では思うんですけどね〜。
まあ、今回は縁がなかったってことで、いやいや、そんな問題じゃない( ^ω^ )
実力及ばず。
応募された方、一次に残っている方、ボツだった方、様々でしょうが、憧れの筆一本は、まだ遥かなる山の上ですね〜。いや、私がです。
デビュー前、ボツの数は自慢できるほどですから、めげずに頑張ります。

[PR]
by akiyo_kimi24 | 2018-08-05 11:13 | 絵本と創作日記 | Comments(0)

児童文芸最新号

自動文芸
今号は、怪談特集です。
a0136720_10211191.jpg

お知り合いの作家さんがたくさん参加していらして、力作ばかり!
企画の見事さに引き込まれました。
編集にたずさわられる皆さまのご苦労を思うと頭が下がります。
夏にぴったりの涼しい企画❣️
毎回の企画会議は、編集委員の方々のアイディアが飛び交うのでしょうね〜。
素晴らしいですね💕
ちょうど帰省していた六年生の孫が、ワクワクするね〜〜と、嬉しそうによんでいました。(^。^)


[PR]
by akiyo_kimi24 | 2018-08-04 09:43 | 絵本と創作日記 | Comments(0)

地元の応援

地元の応援
出水市教育委員会便りと、出水市図書館便りで、拙作、おてつだいおばけさん まんぷくラーメン対びっくりちゃんぽんの紹介をしてくださいました。
a0136720_15242910.jpg

a0136720_15243074.jpg
地元の広報での応援、有り難いです。


[PR]
by akiyo_kimi24 | 2018-08-01 15:21 | 絵本と創作日記 | Comments(0)

学校が勧める夏休みの本

学校が勧める夏休みの本

児童文学作家の原正和さんが、
丸の内オアゾ、丸善の児童書売り場に堂々とありましたよ! 思わず、写真をとりました。
a0136720_16183727.jpg
と、写真を送ってくださいました。\(^^)/
ありがとうございます😊。
夏休みがはじまりました。
良い子の皆さん、熱中症に気をつけて、木陰や涼しいところで、本をたくさん読んでくださいね。

[PR]
by akiyo_kimi24 | 2018-07-22 16:15 | 絵本と創作日記 | Comments(0)

ガラスの梨

ガラスの梨
ちいやんの戦争
越水利江子 著
牧野千穂   え
a0136720_16182865.jpg
大作、読破しました。
舞台は昭和16年、大阪。ちいやんと愛称で呼ばれた小学3年生の笑生子は、お母やん、お父やん、気丈な姉やん、優しい兄やん、甘えん坊の弟、仔犬のキラとともに、幸せに暮らしていましたが、温かく静かな日常が、戦争の影に侵されて行きます。
捨て犬のキラが家族になる過程に、先ず胸が熱くなり、春男の気持ちに寄り添えます。
食べてしまいたい気持ちをぐっと堪えて、キラに食べ物を残してあげる純粋さは、作中の至る所で、笑生子の優しさと健気さと踏ん張り力に繋がって、その生き方を示唆してくれます。
大切な人との残酷な別れ、耐えがたい哀しみ、焼夷弾に焼かれる大虐殺シーン。淡々と綴られる場面は、だからこその激しい憤りと痛み、また渦中では、記憶もなくすほどの辛い事を体験し、目の当たりにしながら、それを避けて通れない過酷。
ゾッとするほどたくさんの人の亡骸は、丸太に枝がついたようにして転がっているのです。戦火に翻弄される悲運。
やるせないです。
ページをめくりながら、パタンと本を閉じ、息を吸ってからまた捲る、を何度繰り返したことか。思わず目を瞑りたくなることが、数えきれないほど、何度もありました。
作者は、きっと泣きながら、この本を書きあげられたことでしょう。
笑生子の明るさと母思いの優しさに、救われる思いながらも、何度もなきました。
たくさんの大人はもちろん、
たくさんの子どもたちにこの平和な時代だからこそ、読んで欲しいと思いました。




[PR]
by akiyo_kimi24 | 2018-07-20 16:15 | 絵本と創作日記 | Comments(0)
新作の嵐でご紹介いただきました。
ありがとうございます。
そして今日は、去日ベトナムからオファーがあった、拙作
じゅんばんこ!
絵  はせがわかこ
刊 フレーベル館 
の、発行通知が来ました。💕
ベトナム版、\(^^)/楽しみです。
a0136720_12514744.jpg
フレーベル館さま、編集者さま、海外事業部の担当者さま、ありがとうございます。
日本でも、引き続きよろしくおねがいいたします。

[PR]
by akiyo_kimi24 | 2018-07-19 12:47 | 絵本と創作日記 | Comments(0)

七月七夜の朝に

七日七夜の朝に
第10回目を迎えました。なっちゃんこともりなつこさんの文体は、若々しくて爽やかな風を感じます。
kanaeさんの絵がまた、南の風を彷彿とさせて秀逸です。
a0136720_09044569.jpg


[PR]
by akiyo_kimi24 | 2018-07-18 09:01 | 絵本と創作日記 | Comments(0)